妊娠中の妊婦さんの場合:坐骨神経痛治療

妊娠中の妊婦さんの場合

妊娠中の妊婦さんによる坐骨神経痛の症状があります。
通常、坐骨神経痛の場合骨の老化が原因の大半を占める為、一般的には40代〜50代の中高年や、高年齢者にその症状が見られます。


しかし、妊娠中の女性につきましても妊娠時にお腹が大きくなることにより、前わんと呼ばれる部分が過度に曲がる為、坐骨神経痛などの症状が出ることがあります。


家事などを行う必要がある妊婦さんに取って、腰痛は大きなストレスの原因にもなります。
特に食器を洗うときなど腰に負担がかかり、脚やお尻がしびれ家事もままならないケースも出てきます。妊娠中にこのような腰痛やしびれ、足の痛みを感じたらできるだけ安静にするのが一番の方法です。


坐骨神経痛は椎間板ヘルニアとは異なり、運動痛ですので、長時間歩いたり運動をすると痛みが悪化します。反対に運動や歩行などの動作をしないければ症状は和らぎますので出来るだけ安静にしておいた方がいいでしょう。妊娠中の妊婦さんにとって、ストレスは良くないので、出来るだけ家事などは旦那さんや頼める人に頼み、自分で出来る予防法を取り入れるといいです。


妊娠中でできる予防・治療法として、寝ているときに出来るだけ横を向く、仰向けの時は脚の下に枕をおく。車の運転をする時は、ハンドルの方に出来るだけ前にすわり、腰にクッションをあてる。簡単なストレッチを行う。など日常的に取り入れられる方法はいくつもあります。。ただしストレッチは母体と胎児の安全確保が第一ですので決して無理のないように行わなければなりません。

妊娠中の妊婦さんの場合関連ページ

妊婦さんの腰痛原因