ストレッチや体操の効果:坐骨神経痛治療

ストレッチや体操の効果

坐骨神経痛の症状がある人には、体操やストレッチを行うことで軽減できる可能性があります。
特に腰痛などの症状がある場合、ストレッチや体操を行う事で、その腰痛も軽減できる可能性があります。 なぜ、ストレッチや体操が効果的なのかというと、日頃から運動をしていない人は筋肉が硬くなっています。筋肉が硬くなっていると、ちょっとした腰への負荷がかかるだけで、腰痛や坐骨神経痛が起こりやすくなります。 腰は体の中でも特に負荷がかかる部分だと言われています。そのため、坐骨神経痛などの症状を改善し、腰の疾患を予防するという意味でも体操やストレッチは効果的なのです。


ただし、坐骨神経痛を引き起こしている原因は一つではありません。
坐骨神経痛を起こしている原因が椎間板ヘルニアだったり、脊柱管狭窄症などの腰の疾患によって起こっている可能性があります。また、その他の原因として感染症や骨盤内腫瘍や脊椎腫瘍などの病気が隠れている可能性もあります。ストレッチや体操などを行う場合は、これらの原因を明確にしなければいけませんので、事前に医療機関を受診するようにしましょう。


では、どのようなストレッチが効果的なのかを紹介したいと思います。
ここで、紹介するストレッチは、硬くなった筋肉に柔軟性を持たせるためのものです。まず、背中と腰を伸ばすストレッチです。 浅くイスに腰をかけて、股を開き、息を深く吸い込みながら背中を伸ばしましょう。そして、ゆっくりと息を吐きながら両足の間に頭が入るように上半身を曲げて3つ数えましょう。最後に上半身をゆっくりと戻しましょう。
次に、太ももの裏と腰を伸ばすストレッチです。 深くイスに腰をかけて、両手で左ひざを抱え、胸につけるぐらいまで引き上げましょう。引き上げた状態で3つ数えたら、膝を下ろし、次に右足も同様に行ってください。


この他にもいくつか筋肉に柔軟性を持たせるためのストレッチがあります。 ストレッチを行う上で大切なことは、無理をしない事、継続する事です。

ストレッチや体操の効果関連ページ

ストレッチ方法紹介